人気のブライダルリングショップを一挙にご紹介!

リングの種類と価格相場

ここでは、結婚指輪と婚約指輪の違い、セットリングとは何か?などリングの種類の解説に加え、それぞれの相場についても紹介しています。

3種類のリングの違い

エンゲージリング(婚約指輪)
婚約の記念品として、男性から女性へ贈られる指輪のこと。
女性にとっても男性にとっても特別な意味を持つ指輪で、結婚指輪に比べ華やか・煌びやかなデザインが一般的ですね。
男性からのプロポーズとともに差し出すというイメージが強いですが、最近は婚約した後に2人で一緒に選びに行くケースも増えており、多くの人がダイヤモンドを選ぶようです。

費用
昔はよく「給料の3ケ月分」など言われていましたが、実際の費用は様々。
だいたい平均としては30~40万円程度のようです。
ちなみに最近では、婚約指輪を購入する代わりに、時計やその他のアクセサリー等を記念品として用意するようなケースもあるようです。

マリッジリング(結婚指輪)
結婚式で、お互いが交換するペアの指輪のことを指します。
その後は、男女とも日常的に左手の薬指に付けて過ごすのが一般的なため、シンプルで日常使いのできるデザインが人気です。ゴールドやプラチナを購入する方が多いようです。
結婚指輪を用意するタイミングとしては、結婚式の3ヶ月前あたりに始められるのが良いそうです。

費用
結婚指輪に使う費用として平均的な範囲は、セットで20~25万円程度のようです。

セットリング
婚約指輪と結婚指輪をセットとして、重ね付けを楽しめるタイプの指輪を指します。
記念の婚約指輪を、結婚した後も日常的に付けていられることができる点や、ファッションや場面によって結婚指輪だけで付けたり、その時々でアレンジして楽しめるのが人気の理由です。