人気のブライダルリングショップを一挙にご紹介!

ダイヤモンドのグレードって?

ダイヤモンドを選び際にその品質を見極めるぐれーどについて、わかりやすく解説していきます。これから購入する人は、基礎知識として持っておくといいでしょう。

4つのCが表す基準

ダイヤモンドの品質には、世界共通の基準があります。これには、米国宝石学会(G.I.A)が国際基準として定めている4Cと呼ばれる4つのCがあります。これら4つを合わせて評価するのが、ダイヤモンドのグレードです。

【Carat(カラット)】

これはダイヤモンドの重さを表します。大きければ大きいほど重さは重くなります。1カラット(ct)は0.2g相当ですので、5ctは1gとなります。

通常見つかるダイヤモンドの原石は小さいものが多く、大粒のものは大変希少価値が高くなります。また、カットを施すことで小さくなるため、大きさは重要なグレードの基準となります。

0.1ct=3.0mm、0.2ct=3.7mm、0.3ct=4.3mm、0.5ct=5.2mm、1.0ct=6.6mm、2.0ct=8.2mm、3.0ct=9.3mm、5.0ct=11.0mm

【Cut(カット)】

これは、ダイヤモンドの輝きの度合いを表します。

Excellent=トリプル、ハート&キューピッド、ノーマルの3段階

Very good、Good、Fair、Poor

【Color(カラー)】

ダイヤモンドの色を表します。

無色~ほぼ無色~わずかな黄色味~非常に薄い黄色~薄い黄色

の順にDからZまでランクで表します。最近では、ピンクやブルーといったカラーダイヤもあります。特に無色の中でも透明度が高いほど美しいとされています。

【Clarity(透明度)】

VVS1、VVS2=ごくごくわずかな内包物

VS1、VS2=ごくわずかな内包物

SI1、SI2=わずかな内包物

I1、I2、I3=欠陥

グレードの高いダイヤモンドの条件に透明度があげられます。鑑定を行うのは、ダイヤモンドの専門家であり、ほんのわずかな不純物も見逃すことはありません。

VVS1のように不純物のほとんどない美しいダイヤモンドはなかなか見つからず、価格もそれだけ高価になります。

グレードのコンビネーションで決まる価格

このような細かく決められたグレードを、ひとつひとつプロの鑑定士が評価し、鑑定書を発行します。

すべてのグレードをコンビネーションして総合的な評価が決まります。例えばどれだけ大きくても透明度が低ければ評価は下がりますし、少々小さくてもほとんど内包物がなく透明度の高い無色のものであれば非常に効果になります。

ですから、エンゲージリングなどに選ぶ際には、グレードもさることながら価格もよく考えて購入しましょう。よくカラットのダイヤをもらった、という表現をしますが、それだけでは評価はできないのが本当のところです。小さくても評価の高いものもありますし、何よりも誠心誠意心のこもったリングであれば、一生の宝物になるのではないでしょうか。